最大容積を先に決めてしまう

新しい鞄を購入した。縦スクエア型の鞄だ。持ち手がついていてトートバッグのように持つことができるし、紐を付けてショルダーにもできるタイプのものだ。

この鞄だが、かなり小さいサイズにした。縦23cm、横18cm、マチ6.5cmで、単行本1冊入れると容積の7割を占める程度のサイズ感だ。縫い合わせ部分があるので実際の容積は各1cm程度小さく見積もって計算すべきである。

持ち物を少なく小さくしようとしているわけだが、まず鞄から小さくしてしまうのも方法だと考えた。どう足掻いても最大容積に合わせなくてはならないようになるからだ。

近所に買い出しへ行く程度ならば自宅の鍵とカード数枚を入れた薄型カードケースとスマホ、それと小さく折り畳めるエコバッグを入れて出かける。それに加えカフェで読書するならば単行本が1冊まで入る。

これ以上の遠征をする際はそもそも一回り大きな別の鞄が必要である。