節電チャレンジ

東京電力の節電チャレンジ獲得ポイントが付与されていた。108ポイントである。節電プログラムに参加していたものの、どのように節電すればポイントが獲得できるのか詳しく分かっていなかった。

契約電力会社は東京電力EPで、同社を通じたポイントの獲得となる。節電の対象は大きく2つある。ひとつが対象の時間帯に節電すること、ふたつが前年同月比の電気使用量だ。

時間帯節電は、前日までに告知される時間帯の節電で、1kWhごとに5節電ポイント以上が付与される。1節電ポイントは1TEPCOポイントに変換されて付与される。

前年同月比の電気使用量は、比較して3%の節電ごとに40節電ポイント以上が付与される。電気料金が高騰しているが、判定基準は電気使用量kWhごとのため、達成に希望はある。

また、国の節電プログラムとも連動しており、上乗せもある。

さて、当家では獲得ポイントの名目が「節電チャレンジ獲得ポイント(指定時型)」と記載されている。これは時間帯節電を達成したものと考えられる。

ただし、東京電力EPでは時間帯節電に初めて0.01kWh以上を達成した者に100ポイントがボーナスされることになっている。つまり8ポイントが実質的な節電だったということか。

抑止力と反撃能力

敵のミサイル発射基地などをたたく「反撃能力」の議論が加速している。

現在の日本は憲法の主旨などから専守防衛を堅持している。しかし敵国からの攻撃に対して防衛のみで対処するのは極めて困難である。

日本は四方を海に囲まれているので、敵国からの攻撃の第一波はミサイル攻撃が想定される。敵国からすれば日本に何らかの被害を出せば目的を達成できる一方、日本は被害をゼロに抑える以外に勝利条件を達成できない。あまりに不利だ。

現状の日本は何をしても反撃しないし、領土領海領空を越えて自衛権を行使しないことを明言してしまっている。つまり敵国から見れば、対日本では攻撃に極振りで良いのだ。

そこで反撃能力である。日本に手を出せば、強力ではないものの反撃される可能性があるとなれば、一定の戦力を防衛に回さなくてはならない。日本から見れば敵戦力の削減に等しく、日本にとっては広義の防衛力と言える。

ここに抑止力と反撃能力の違いがある。抑止力は攻撃を躊躇させることだが、反撃能力は敵戦力の削減なのである。

岡田の失ったもの

AKB48岡田奈々が俳優との熱愛を報じられ、その後グループからの卒業を発表した。これに対し総監督を務める向井地美音が、曖昧だった恋愛禁止ルールについて考え直す時が来たと言い、運営と相談することを宣言。しかし運営からは、そのようなルールは無くメンバーの自覚によって成り立っていると回答した。

まず岡田だが、自身が過去に風紀委員長を自認する発言をしていた経緯がある。発言の主旨から自身やメンバーにAKB48としての自覚を促すもので、実質的に恋愛禁止ルールの徹底を指すものと解釈できた。

次に向井地だが、総監督として問題に向き合う姿勢は評価されるべきことだろう。しかし恋愛禁止ルールというのはAKBグループが疑似恋愛をウリに活動するための方便であり、グループのアイデンティティを毀損させる安易な発言であったと言わざるをえない。

さて、岡田の恋愛についてだが、契約や法律といった観点からは全く問題ない。個人の自由で誰からも制限されることはない。アイドル活動を継続することとも無関係だ。

アイドル活動の定義があるわけではないが、ファンに対して楽しい気分や勇気を与える職業だろう。ファンの心に思いを届け揺さぶるという点では、アリストテレスの弁論術にも通じる。

自らの過去の発言と矛盾する行動によってロゴスを失い、恋愛禁止ルールを徹底してくれると思っていたファンの信頼を裏切ることになってエトスを失い、よって何を言ってもファンには届かなくなってしまいパトスを失った。

岡田は何の悪いことをしたわけではないが、アイドルという職業の根幹を失ってしまったのだ。どんなパフォーマンスをしても、どんなことを言っても、ファンには届かなくなってしまった。

ただ、これはAKBグループだからこその問題である。他のグループ、例えばももクロのやでんぱ組のメンバーは結婚を発表している。それは疑似恋愛をウリにしていないからだ。

Revolutの狙い撃ちナンス

Revolutの個人利用条件が一部改定される。効力は2022年12月28日に発生する。改定されるのは2箇所で、

  • アカウント開設資格
  • 使用目的の制限

についてだ。特に重要なのは使用目的である。これまで詐欺行為などの違法目的を禁止していたが、それ以外に禁止する目的が明文化された。そのうち次の2項目が核心だと考えられる。

  • ギャンブル関連事業者への送金受領
  • 日本国内で無許可等の事業者への送金受領

前者はオンラインカジノと関連のなんちゃらペイ、後者はバイナンスだろう。名指しこそしていないものの、ほぼ狙い撃ちである。

加えて、これらの業者と取引したアカウントと個人はBANされたら復帰できないとした。

Revolut日本法人は9月に関東財務局から行政処分を受けた。大別して3項目の不備に対しての改善命令だったが、このうちマネロン・テロ資金供与リスク管理態勢についての改善措置だと考えられる。

Revolutはユニークな金融サービスだと感じているのでユーザーと共に健全化して運営を継続して欲しい。

EUR/USD 2022-11-27 weekly review

4時間足。先週安値を割り込んだが、気を取り直してダブルトップを形成するため上昇に転じた。

30分足。先週安値を割り込み、続落するかと思ってショートしたが失敗。そこが押し目だった。その後はドル円に集中したため静観。

USD/JPY 2022-11-26 weekly review

4時間足。今週は日足レベルで下げに転じた戻り目を探すところからスタート。先週安値付近でダブルボトムを形成しそうで、日足レベルで重要な140円を月足レベルで守ろうとする動きと攻防。

30分足。ヘッドアンドショルダーの右肩からショート。その後ダブルトップを作りに行きそうな安値切り上げでロングしたが反落。先週高値を割り込んだのでドテンショート。

都市ガス13Aの燃焼エネルギー量

www.tokyo-gas.co.jp

昨日に続き、ガスを燃焼させて得られるエネルギーを検算する試みの都市ガス編。東京ガスが供給する都市ガス13Aを燃焼させて得られる標準熱量は、

\rm{45MJ/m^3}

だという。都市ガスは複数のガスが混合されているが、組成は次の通り。

  • メタン methane 89.60%
  • エタン ethane 5.62%
  • プロパン propane 3.43%
  • ブタン butane 1.35%

この組成が体積比だとすると、都市ガス13Aに含まれるメタンの物質量は、

\rm{1000L*89.60/100/22.4(L/mol) = 40.00mol}

同様に、

\rm{ethane} : \rm{1000L*5.62/100/22.4(L/mol) = 2.508mol}
\rm{propane} : \rm{1000L*3.43/100/22.4(L/mol) = 1.531mol}
\rm{butane} : \rm{1000L*1.35/100/22.4(L/mol) = 0.6026mol}

となる。

www.thermalfluidscentral.org

さて、各ガスの標準燃焼エンタルピーは次の通りとなっている。

\rm{Δ_{c}H^{°}(methane) = -889kJ/mol}
\rm{Δ_{c}H^{°}(ethane) = -1560kJ/mol}
\rm{Δ_{c}H^{°}(propane) = -2220kJ/mol}
\rm{Δ_{c}H^{°}(butane) = -2877kJ/mol}

したがって、それぞれ燃焼させて得られる発熱量は、

\rm{methane} : \rm{40.00mol*889kJ/mol = 35560kJ}
\rm{ethane} : \rm{2.508mol*1560kJ/mol = 3912.48kJ}
\rm{propane} : \rm{1.531mol*2220kJ/mol = 3398.82kJ}
\rm{butane} : \rm{0.6026mol*2877kJ/mol = 1733.68kJ}

となる。合計してメガジュールになおすと、

\rm{(35560+3912.48+3398.82+1733.68}*1000/1000000 = 44.60MJ/m^3

となる。およそ先のサイトに示されていた数値と同じことがわかる。